コレステロールと食事 > アルコールと肴

アルコールと肴について

血中コレステロール値が高い場合は、絶対にアルコールは禁止なのでしょうか? 飲まないに越したことはないのかもしれませんが、それでは食事の楽しみがなくなり、ストレスがたまってしまいます。適度なアルコールは善玉コレステロールを増やす作用もありますしね! 医師からの「禁止令」が無いかぎり、あくまで「適度」ですが、上手にアルコールと付き合ってきたいものです。

アルコールの摂取に際しては、アルコール自体の量もさることながら、お酒の肴の問題があります。ポテトチップスやから揚げ、ピーナッツなどは高カロリーになります。また、塩辛や漬物は塩分が心配です。ましてやうに、スジコ、いくらなどの魚介の卵や、レバーなどは、いったいどれほどコレステロールが含まれているか・・・恐ろしいほどです。お酒を飲む場合は、「頭を使って」賢く飲むようにしましょう。

ではどのような酒のつまみがいいのでしょう。

湯豆腐や冷奴、枝豆、里芋の煮物、ふろふき大根、ワカメの酢の物・・・これらは理想的ですよね。

簡単に出来る酒の肴をご紹介しましょう。リンゴの甘みを生かし、砂糖は控えめです。

ワカメとキュウリの酢の物
◆材料(2人分)
・キュウリ・・・2本
・生ワカメ・・・10g
・リンゴ・・・1/4個
*三杯酢
・酢・・・大さじ2
・塩・・・少々
・砂糖・・・小さじ1

◆つくり方
1.キュウリはたてに4つに割り、1cm角に切ります。
2.生ワカメは洗って2~3分水につけてから水気をきり、2~3cmに切ります。
3.リンゴは皮をむいて1cm角に切り、薄い塩水に3~4分ほどつけてから水気をきります。
4.ボウルに三杯酢の材料をあわせ、食べる直前にキュウリ、生ワカメ、リンゴをすべて合わせて三杯酢で和えます。