コレステロールと食事 > 病態別の食事ポイント

病態別の食事ポイントについて

コレステロールと食事の問題を考えるとき、総合的な食事のポイントと、病態別の食事ポイントの両面から考える必要があります。たとえば、血中のコレステロール値が高い「高コレステロール血症」の人、コレステロールと中性脂肪が高い「高コレステロールおよび高中性脂肪血症」の人、またHDL(善玉コレステロー)が少ない「低HDLコレステロール血症」の人というように、それぞれ対策がことなるからです。

総合的な食事ポイント
特別なことはなく、「健康的な食事バランス」を考えることにあります。

1.摂取エネルギーの調整
2.動物性脂肪を控える
3.規則正しい、バランスの良い食事
4.食物繊維を充分に
5.塩分と甘みを控える

病態別の生活の注意点
●高コレステロール血症の場合
・食品からのコレステロールを1日300ミリグラム以下に抑えます。鶏卵は、確かにコレステロールが高いですが、全体的に優れた栄養食品であることから1日1個程度は食べるようにしましょう。
・動物性脂肪を控えて植物油や魚を多めにすること、食物繊維を充分にとることを特に心がけましょう。

●高コレステロールおよび高中性脂肪血症の場合
高コレステロール血症の場合に加えて次の2点に気をつける必要があります:
・アルコールは控えめにする。
・肥満の解消と、甘い糖類のとりすぎに特に注意します。

●低HDLコレステロール血症
・適度な運動はHDL(善玉コレステロール)を増やすのに効果があります。運動を積極的にして、肥満の解消や防止に努めましょう。
・適度のアルコール摂取は、運動と同様の効果があります。
・禁煙をしましょう。