コレステロールと食事 > 食品のコレステロール含有量

食品のコレステロール含有量について

バランスよく、肥満に注意しながら食事をすることが大切であることはすべての人にとっていえることです。とはいえ、すでにコレステロール値が高いといわれてしまった人は、何とかその値を下げなくてはなりません。そのためにはコレステロールを多く含む食品をとらないようにすることは絶対的に必要です。
通常、私たちは食事から1日300~500mgのコレステロールをとっているといわれ、血中コレステロール値が高い人は、300mg以下に抑えると良いとされます。

では、どのような食品にどれほどのコレステロールが含まれているのでしょうか。

食品100g中のコレステロールmg(参考:日本食品脂溶性成分表より)

●卵
・鶏卵(全卵)・・・470
・鶏卵(卵黄)・・・1300
・鶏卵(卵白)・・・1

●肉類
・牛肉(ヒレ)・・・60
・牛肉(肩ロース)・・・70
・牛レバー・・・240
・豚肉(ヒレ)・・・60
・豚肉(肩ロース)・・・65
・豚レバー・・・250
・鶏肉(ささ身)・・・55
・鶏肉(もも)・・・95
・鶏肉(手羽)・・・110
・鶏レバー・・・370
・ベーコン・・・60
・ロースハム・・・40
・ウィンナーソーセージ・・・60

●乳製品
・牛乳・・・11
・プロセスチーズ・・・80
・ヨーグルト・・・11

●魚介類
・アジ・・・70
・イワシ・・・75
・うなぎ(蒲焼)・・・240
・鮭・・・65
・アサリ・・・55
・イカ・・・300
・車えび・・・190
・うに・・・290
・数の子・・・370
・たらこ・・・340
・しらす干し・・・250

●油脂、調味料
・バター・・・210
・マーガリン・・・1
・マヨネーズ(全卵型)・・・60
・マヨネーズ(卵黄型)・・・250