減量について

高コレステロール、動脈硬化、高血圧、高脂血症といった成人病は、すべてが食事が原因というわけではありませんし、これらの成人病を患う人びと、コレステロール値の高い人の必ずしも全員が肥満であるわけではありませんが、かなりの割合で偏った食事、特に油っこい料理や甘い物の食べすぎで体重が過剰である、といえるようです。

1日30品目の食品をとろうと、たくさんの種類の食品をとることは大切ですが、あくまでも腹八分目を心に誓うべきでしょう。また、減量というのは、「脂肪」を減らすことであり、筋肉や骨をやせ細らすことではありません。筋肉や骨を作り、健康的な生活を維持して行く栄養素は充分に保ちつつ、エネルギーとなる米やパン、油類を減らす方向で減量に取り組むことが大切です。

減量のための6つのポイント

1.まとめ食い、どか食いはしない・・・食事は1日3食、規則正しくとることが大切です。
2.早食い、ながら食いはしない・・・食事はゆっくりとよくかんで食べましょう。
3.大皿盛りはしない・・・1人分ずつ小皿に分けて食卓に出すようにします。
4.間食、夜食は控える・・・10時と3時のおやつもしっかりと身体の「お肉」になります。特に夜8時以降は一切、食べるのをやめましょう。
5.インスタント食品、レトルト食品は控える・・・インスタント食品やレトルト食品は脂質や塩分を私たちが考える以上に含んでいます。楽だから・・・とこれらに頼りすぎるのは考えものです。
6.アルコールに注意・・・アルコール自体ももちろん問題ですが、お酒の肴にも注意が必要です。