コレステロールと食事 > 栄養バランスと6つの食品群

栄養バランスと6つの食品群について

コレステロールを気にしすぎると必要な栄養素が足りなくなってしまうことがあります。食品のなかにはコレステロールを多く含むものもあれば、コレステロールを下げる働きをもつものもありますから、バランスよく摂ることが大切なのです。

厚生省は「1日30種類の食品をとるように」と指導しています。そこで栄養的な特徴を考えて食品を6つのグループに分類し、まんべんなく30品目を選ぶことが大切です。

1日30品目の数え方
●同じ食品は1日に何回食べても1品目として数えます。
●外食や調理済み食品を食べたときには、わかる範囲で素材の食品数を数えます。わからない場合は、全体として1品目として数えます。
●調味料、香辛料は原則として数えません。しかし砂糖、味噌、マヨネーズは栄養供給源となることから数えます。

6つの食品群・・・栄養的特徴と食品例

●第1群・・・骨や筋肉を作る働きをもつ食品
例:魚介類・肉類、大豆・大豆製品、卵

●第2群・・・骨や歯を丈夫にする働きをもつ食品
例:牛乳・乳製品、海草、小魚類

●第3群・・・皮膚や粘膜を保護する働きをもつ食品
例:緑黄色野菜(ニンジン、ホウレン草、小松菜、など)

●第4群・・・身体の機能を調節する働きをもつ食品
例:淡色野菜(キャベツ、白菜、キュウリ、など)、果物

●第5群・・・糖質性のエネルギー源になる食品
例:米、パン、めん、イモ、砂糖

●第6群・・・脂肪性のエネルギー源になる食品
例:油脂類(バター、植物油)